ウェブデザイン

レシピ用プラグインを使ってみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当方運営のポータルサイトと委託されているネットショップのオフィシャルサイト用に、簡単にレシピが投稿できるプラグインを探していました。

ブログでレシピプラグインはあまり取り上げられていないので、
Wordpressの新規登録で検索し、ダウンロード数と評価数を見て気になったプラグインを10個近くインストールして実際に使ってみました。

一番目に紹介されている Recipe Card はレイアウトテンプレートが豊富で使うのが楽しいプラグインです。入力項目もレシピ用に分かれているが、手順に画像を挿入するにはコードを記述する必要がる。メディアと行ったり来たりと何かと入力が面倒です。

Easy Recipe はDL数76,000で大人気、英語が解らなくても動画があるので使い方に困らないが無料版の機能制限は惨い、改行<BR>や画像を挿入するためには有料版(24.95ドル)にアップデートしろの嵐!
でも有料版は機能も豊富だし魅力的なので、あたためているアイデアを有料版で実現できないか考え中です。

上記以外もいろいろ試したが、どれも今ひとつ。自分だけが入力するなら複雑でもよいが、クライアントやスタッフに複雑な手順を説明しても使い続けるのは難しいでしょう。

その結果 WP Ultimate Recipe が機能的に一番使いやすいかな。管理画面も解りやすいし、食材入力や手順入力がほかと比べて説明しやすくてすばらしい。

順番の入れ替えも自在だし、手順の一つ一つに画像が簡単に貼れるのが一番いい!
しかも、2人前を5人前すると材料を自動で計算してくれる優れものです。

上の画像は入力画面と吐き出しページを説明しています。最低限の入力でレシピページが簡単に完成します。

この WP Ultimate Recipe は無料版で、一部機能制限されてますがほかと比べても十分使えます。SNS共有機能もあるので別プラグインを用意しなくてよいです。
有料版(74.99ドル)にすれば、本格的なレシピポータルサイトが作れるはず(クックパットみたいなの)です。

が、しかし、英語のまま使うのはストレスなので検索したが見つからない。言語ファイル ja.mo ファイルがないので、自分でなんちゃって翻訳します。

レッツ!チャレンジ!翻訳!へ続く…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

19 + ten =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください