ウェブデザイン

Mesocolumnを日本語化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ポータルサイトをリニューアルするために、Wordpressのテーマをいろいろ検索していたら、いいテーマを見つけた。

WordPress無料テーマ「Mesocolumn(メゾカラム)

デザインばっちり、機能もばっちり、ほかのプラグインがなくてもばっちり機能します。

使い方や機能の説明は テーマタンク の記事が解りやすいくて親切です。

でずが、日本語化されていなのいので何かと不便でストレスになる
そこで  Poeditを使ったWordPressの翻訳ファイル.po、.moファイル作成方法 という記事を見け試行錯誤、

wp-content/themes/mesocolumn/slanguage/en_EN.po

「mesocolumn」の「language」フォルダに「en_EN.po」という英語ファイルがあります。
この「language」フォルダに日本語ファイルを追加すると簡単にテーマの日本語化ができます。

「en_EN.po」という英語ファイルを Poedit で開く。
英語の文章を選択すると、下段に翻訳した日本語を入力して「ja.po」で保存。


自動手的に「ja.mo」も作成されるので、これを「mesocolumn」の「language」フォルダにアップロードすればOKです。
外観 > テーマオプション で確認すると

どうですか?

英語ができない私でもGoogle翻訳でこの通り!毎回ストレスなくWordpressをいじれます。
完全に翻訳しなくても、運営に必要な訳だけで十分なのと、機能の説明も自分の理解できるように翻訳してます。
使っていて項目の表現や機能の説明など気になる箇所をちょこちょこと直せるのも魅力です。

なんちゃって日本語化ですが、jaファイルが欲しい方は、Mesocolumn_jaどうぞ!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

5 × 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください